聲の形

過去の日付の記事をアップしました。

2018年5月12日付で、以下の記事を公開しました。 『立花館To Lieあんぐる』を「キモい」と言いつつ『聲の形』を推す「まなざしかぶとむし(kabutoyama_taro)」の見苦しさ https://herfinalchapter.hatenablog.com/entry/2018/05/12/000000 昨日公開した『【…

『立花館To Lieあんぐる』を「キモい」と言いつつ『聲の形』を推す「まなざしかぶとむし(kabutoyama_taro)」の見苦しさ

(2018年10月19日 加筆修正) 前回: 【 #オタク差別 論争】「百合/BL」は「性的嗜好」であるから規制されるべきと主張する「まなざしかぶとむし(kabutoyama_taro)」 - 有限ノ未来 limited future https://herfinalchapter.hatenablog.com/entry/2018/0…

【 #オタク差別 論争】「百合/BL」は「性的嗜好」であるから規制されるべきと主張する「まなざしかぶとむし(kabutoyama_taro)」

相変わらずロリペドと同性愛とを並列視する妄言が飛び交ってるが、まさしく"自ら進んで"「自身のアイデンティティのすべてを『ロリペド(キモオタ)であること』で覆い尽くしている」者たちが自分たちを同性愛者に準えるのは、皮肉ななんてものではない、お…

「あまちゃん女優」をも“政治利用”する『聲の形』の饒舌なるエクスキューズ

(註 連載開始前の読み切り作品と単行本の第1巻を読んだ時点の感想であり、アニメ版や実写版を含めたその後の展開については述べていません。あらかじめご了承ください)今週号の「少年マガジン」の巻頭では『聲の形』単行本第2巻の発売に合わせて、作者の…

「加害」と〈悪〉をすり替える『聲の形』は「擬似障害者ポルノ」にすぎない。

(註 連載開始前の読み切り作品と単行本の第1巻を読んだ時点の感想であり、アニメ版や実写版を含めたその後の展開については述べていません。あらかじめご了承ください)集英社「週刊プレイボーイ」には、漫画単行本の新刊を毎週1冊、1ページを割いて紹介…

「漫画の都合」で〈被差別者〉を振り回す『聲の形』大今良時インタビュー

(註 連載開始前の読み切り作品を読んだ時点の感想であり、連載およびアニメ版や実写版を含めたその後の展開については述べていません。あらかじめご了承ください) 前回: 障害者を“記号化”する健常者の「レイプ・ファンタジー」〜大今良時『聲の形』 http:…

【ネタバレあり】障害者を“記号化”する健常者の「レイプ・ファンタジー」〜大今良時『聲の形』

(註 連載開始前の読み切り作品を読んだ時点の感想であり、連載およびアニメ版や実写版を含めたその後の展開については述べていません。あらかじめご了承ください) 【衝撃作】 週刊少年マガジン(12号)の特別読切「聲の形」(こえのかたち)は必読です。とにか…