「関西クィア映画祭2014」からの回答(3) 追記

https://twitter.com/Genya_F/status/523127409302716417
3.しかし僕はオッシーさんの意見をすべて受け入れるものでもありません。オッシーさんの「クィア」と「LGBT」を対立構造に置く姿勢には極端なところがあると言わざるをえません。またオッシーさんの関西クィア映画祭にたいする根拠なき誹謗中傷には著しいものがあり、看過することはできません。

今回「関西クィア映画祭2014」に対する抗議活動を展開する中で、直近の当事者である関西のゲイリブ団体から何の反響もないことを不審に思い、知り合いのつてを頼って匿名を条件に接触したところ、“あのような”回答が得られたのです。

ただ、「関西クィア映画祭」という一団体がゲイリブ関係者に対して示威行為を行っているというより、“あのような”示威行為を行う先鋭的・急進的なクィア主義者が「関西クィア映画祭」の中枢を担っているというニュアンスでした。たしかに誤解を与える表現でしたのでブログ上でも補足しておきます。

ただ、私も問題の差別的な宣言文を読むかぎりでは、じつに信憑性のある情報だと判断しました。

なぜなら問題の差別的な宣言文は、ある人物の特徴的な文体・語彙・主張を流用したものであり、その人物の思想が「関西クィア映画祭」の理論的・精神的支柱となっているのは、疑う余地のない事実であるからです。

また「関西クィア映画祭」のすべてのスタッフが、クィア理論に関する学術的・専門的な知識を有しているとは言えないにせよ、その理論的・精神的支柱となっている人物は、確実にクィア理論を熟知しています。

なぜなら当該の人物は、クィア理論を提唱する学者・研究家たちの団体にも出入りし、その内部においても強い発言権を握っているからです(今風にたとえるなら「ISISと某イスラム学者」の関係といいましょうか)。

もっとも、ご指摘のとおり「クィア」の側が作り出した「LGBT」との《対立構造》に、かく言う私自身も“乗せられている”ことは否めないでしょう。

しかし、それは「関西クィア映画祭2014」がレズビアン差別》を煽動・行使するにあたり《「クィア」と「LGBT」の対立構造》を政治的に利用している事実をふまえた上でのことです。

そも「クィア」が「LGBT」との《対立構造》を作り出した現状の事態を批判するにあたっては、その是非とは別に、まずは議論の前提として《「クィア」と「LGBT」の対立構造》が存在する事実を“是認”する必要があります。

それにも関わらず、あたかも私という一個人が《「クィア」と「LGBT」の対立構造》を生み出した元凶であるかのごとく印象操作することは、まさに事実誤認に基づく「誹謗中傷」であり、撤回を求めます。

また本件にかぎっていうなら、正確には《「クィア」と「LGBT」の対立構造》ではありません。

あくまでもレズビアン差別》を煽動・行使するセクシスト(性差別主義者)の集団と、それに抗議するカウンターの《対立構造》です。

以上。

(2015年1月14日 追記)

福永玄弥氏は自分からフォローして一方的に絡んでおきながら、都合の悪い質問にはいっさい答えないので、威嚇・嫌がらせ目的のフォローと判断し、現在はブロックしています。